日本東京藝術大學的具體課程及費用介紹 

2015/02/12 瀏覽次數:402 收藏
分享到:

【日本留學網(https://abroad.hopetrip.com.hk/japan/) - 日本留學教導系統】日本東京藝術大學的詳細課程及用度先容 

黌舍名稱:日本東京藝術大學 東京蕓術大學
地點地位:日本,台東區
黌舍設置範例:
創立時光:1879年
學歷:本科 研討生
黌舍性子:
門生人數:0人
院校地點:
黌舍中文網址:--

   比來藝術生來咨詢日本留學的門生特殊多,本日就來給眾人先容下日本的藝術類專業及院校。提到藝術類專業,眾人腦中湧現的確定首當其沖是東京藝術大學。黌舍重要目標為造就美術和音樂範疇的藝術家。東京藝大造就了很多日本代表性的藝術家,個中美術學部這天本絕大多半有名畫家、藝術家的搖籃。在日本海內被同等公以為日本最高的藝術家造就機構。

  東京藝術大學(日語:とうきょうげいじゅつだいがく由美術學部(繪畫科、鐫刻科、工藝科、計劃科、修建科、先端藝術表示科、藝術學科)和音樂學部(作曲科、批示科、聲樂科、器樂科、邦樂科、樂理科、音樂情況發明科)等2學部14學科構成。

  今朝為止,只有“美術”和“音樂”二學部,但正在改造成為包含拍照藝術(片子·動畫)、舞台藝術(演劇·跳舞)的綜合藝術大學。為此,2005年4月,大學院設立了映像研討科。

  東京藝術大學簡介:

日本東京藝術大學的具體課程及費用介紹 

  教員數 傳授121・準傳授74・常勤講師4・助教31。個中外國人教員10

  門生総數 男688・女1,336、計2,024

  新入生総數 493

  上野校地

  (美術〈絵畫・彫刻・工蕓・デザイン・建築の2~4年次、蕓術〉・音楽〈音楽環境創造之外〉)=

  〒110-8714 東都門台東區上野公園12の8

  TEL (050)5525-2075

  道順 JR山手線上野駅・鶯谷駅から徒歩10分。または京成線京成上野駅・地下鉄千代田線根津駅から徒歩15分

  取手校地

  (美術〈絵畫・彫刻・工蕓・デザイン・建築の1年次、先端蕓術表現〉)=

  〒302-0001 茨城県取手市小文間5000

  道順 JR常磐線取手駅からバスで約15分、東京蕓大前下車

  千住校地

  (音楽〈音楽環境創造〉)=

  〒120-0034 東都門足立區千住1丁目25の1

  道順 JR常磐線・地下鉄千代田線・日比谷線・東武伊勢崎線・つくばエクスプレス北千住駅から徒歩5分

  詳細課程設置:

日本東京藝術大學的具體課程及費用介紹 
美術學部
歴史 設置=1949
學科・定員 計240 絵畫 80 , 彫刻 20 , 工蕓 30 , デザイン 45 , 建築 15 , 先端蕓術表現 30 , 蕓術 20 
學部內容  絵畫科では、如下の2専攻。日本畫専攻は人物・風景・靜物、動植物畫の制造、版畫、壁畫、人物素描、古典摹寫、資料研討、寫生旅遊を學年別に履修する。油畫専攻は、1年次は絵畫造形全般の基礎としての素描を中間に學び、1年次から2年次にかけては各素材を扱う。3・4年次には、門生個々の自立的な創作研討が中間となる。
彫刻科では、塑造・テラコッタ、石彫、木彫、金屬の4素材領域があり、1・2年次で基礎教導を行い、3年次に素材領域別に分かれる。
工蕓科では、2年次以降、如下のいずれかを専修する。彫金では、課題制造を通して伝統技法をはじめとした各種彫金技法を學び、さらに對象制造、素材體験等を通し総合的な知識、彫金による表現を身につける。鍛金では、金屬の塑性加工、切削加工による成形技術を主に、伝統技法から現代の金屬加工技術までを幅広く身につける。また、作品の研討制造を通し、金屬を用いた自由な表現力を養う。漆蕓では、自然の素材である漆を塗料、接著剤、造形素材、絵畫資料として多角的に研討、教導する。陶蕓では、実用だけでなく、工蕓と彫刻など蕓術性を意識しながら制造し、自分の発想を工蕓制造のなかに表現、蕓術的に高める教導を行う。染織では、2年次後期から3年次にかけ、古典模作と自由制造を通じて、染めと織のさまざまな技法を學ぶ。
デザイン科では、10の研討室が専門領域としてあり、共通領域として「視覚」「空間」「機能」の3つのグループを構成。また、共通基盤として「環境・設計」「映像・畫像」「刻畫・裝飾」の3研討室を設置している。
建築科では、「建築の設計」を修得させることに重點を置き、その內容の難易度にしたがって段階的な教導を行う。
先端蕓術表現科では、映像やコンピュータメディアを使った表現、身材を使ったパフォーマンス、空間を表現の媒體とするインスタレーションなどについて學ぶことができる。
蕓術學科では、作品の制造を體験し、美學、美術史學を通して美術を中間とする諸蕓術に関する認識を深める。
新入生の男女比率 男27%・女73%
音楽學部
歴史 設置=1949
學科・定員 計237 作曲 15 , 聲楽 54 , 器楽 98 , 指揮 2 , 邦楽 25 , 楽理 23 , 音楽環境創造 20 
學部內容  作曲科では、さまざまな作曲実技が行われ、學內吹奏では、自作品を発表する機會が與えられる。また、ソルフェージュ等を必修科目とし、楽曲研討、現代音楽技法、コンピュータ・ミュージック等を選択必修科目として學ぶ。
聲楽科では、マン・ツー・マンによる聲楽実技レッスンを軸として、ソリストとしての聲楽技術と音楽表現を磨き、同時にアンサンブル才能を開発していく合唱を大きな柱としている。
器楽科は、ピアノ、オルガン、弦楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ハープ)、管打楽器(フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、サクソフォーン、ホルン、トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ)、古楽〈チェンバロ、バロックヴァイオリン、リコーダー〉、およびすべての打楽器)に分かれる。
指揮科では、あらゆる吹奏分野における指揮者を育成。専門科目としての指揮法を修得するため、ソルフェージュ、和聲、スコアリーディング、オーケストラでの指揮実習などを行う。
邦楽科では、三味線音楽、邦楽囃子、日本舞踴、箏曲、尺八、能楽、能楽囃子、雅楽に関する実技と吹奏理論を學び、高度の才能を備えた吹奏家を養成する。
楽理科では、音楽學(泰西音楽史、日本・東洋音楽史、音楽民族學、音楽美學など)を學ぶ。授業內容は、音楽學専門科目の講義、演習を中間に、広く音楽の各分野にわたり、外國語の修得も重視している。
音楽環境創造科では、音楽蕓術と、それにふさわしい音楽環境・文化環境の発展と創造に貢獻できる人才を育成する。教導內容としては音楽を中間に置きながら、蕓術やそれを取り巻く環境を総合的に學習する。
新入生の男女比率 男33%・女67%

原文起源:https://abroad.hopetrip.com.hk/news/86816.html